スポンサードリンク








近頃はなんでも安く簡単に手に入ります。

100円でもたいていのものがそろいますね。

安いのは、もちろん私たちにとっていいこと。

だけど安いからといって無駄に買いすぎたり、

雑に扱ったりしていないでしょうか?

だれにでも心あたりがあると思います。

商品が安く買えるようになったぶん、

残念ながらものの価値が下がってしまっているんですね。

むかしの人は、絶対に今よりもものを大切にしていたはず。

大事に扱って、壊れても修理して・・・

1つのものと関わる時間が長かったはずです。

修理するより、新しいのを買うほうが安い。

現代ではよくあることですね。


人間は100円のものより100万円のもののほうが大事に扱います。

これは人間の性(さが)ですね。

ですがこれが悪いことだとは思いません。

高い商品は、丈夫だったり、デザインが優れていたり、

機能が優れていたり。

値段というのは商品に対する正当な評価です。

高い商品のほうが長く大切に使えるのならば、

私は高い商品を買うべきなのだと思います。

家具だって服だって、やはり良いもののほうが長持ちするし、

飽きだってこないでしょう。

値段の高い商品をすすめるわけではありませんが、

ようはあなたが気に入って大切に長く使えるものを

しっかりと選んでもらいたいのです。


ものが安く手に入るようになって、

簡単に買いかえたり、粗末にあつかったり。

こういうことが大量消費と大量廃棄を

まねいているのではないでしょうか。


値段の高いものを買うことはもったいないような気もしますが、

結果的には安かったり、エコだったり。

家具なんかは長く使えばいい味でできますしね。


長く使うものには妥協しない。

気に入ったんなら、ちょっとくらい高くたっていい。

長く大切に使えるものを選びましょう。

けど安いものでも大切に使ってくださいね。






HOMEへ



































Copyright (C) for (the) EARTH 〜地球のためにできること〜 All Rights Reserved