スポンサードリンク





スウェーデンの環境政策


スウェーデンでは豊富な水源を利用して

電力供給量全体の
45%を水力発電で供給しており、

再生可能エネルギーによる電力供給率はなんと
50%にものぼります。

再生可能エネルギーとは一度使っても、短時間で再生でき、

かつ枯渇しないエネルギー資源をいいます。


北に位置するスウェーデンでは

冬のエネルギー消費がもっとも多くなるため、

熱源の確保にバイオエネルギーを用いています。

森林資源から出る余剰生産物を有効利用し、

直接燃焼による暖房や発電をおこなったり、

ペレットという家庭用固形燃料にしたりします。

このペレットは灯油よりも安価であるため

スウェーデンでの普及率は増加しています。


またスウェーデンは2010年までに脱原子力、

2020年までに脱化石燃料を目標にしています。

電力供給の割合としては原子力による電力供給量は45%、

化石燃料による供給量は5%ほどあります。

現在、脱原子力に向けて、

12基稼動していた原子力発電所のうち2基を廃止しています。

しかし、それにともなって安定した電力を供給するために、

ヨーロッパ地域から電力を輸入するという政策をとらざるを

得なくなってしまっています。

この輸入電力には原子力発電によるものも含まれるため、

矛盾を訴える批判があります。

スウェーデンにとって原子力発電は、

全体の半分近くを担う発電方法です。

それを脱することが容易ではないということが伝わってきます。


またスウェーデンでは環境教育にも力を入れており、

4歳から自然循環やゴミの分別について学びます。

スウェーデンではゴミは最終的に100種類以上に分別され

リサイクルされますが、

そのリサイクル・リユース率は日本では考えられない数字です。

環境教育の効果と、国全体でリサイクルすることが

スタンダードになっていることが分かります。


家庭ごみのリサイクル90

空き缶のリサイクル90

ガラスビンのリユース99

ペットボトルのリユース97

紙(新聞・雑誌・普通の紙)85

自動車85


またゴミの廃棄は50年前からすでに有料化されており、

国民レベルでゴミを減らす努力をしてきたことが

高いリサイクル・リユース率となってあらわれています。






HOMEへ


































Copyright (C) for (the) EARTH 〜地球のためにできること〜 All Rights Reserved