スポンサードリンク





知らない間に環境破壊


みなさんお米のとぎ汁はどのようにされているでしょうか?

油や洗剤が水質汚染することは周知の事実ですが、

じつはお米のとぎ汁も水質を汚染しているのです。

お米をとぐと表面に残った粘りの強いヌカ(肌ヌカというそうです)が

溶け出します。

この肌ヌカには、脂肪、たんぱく質、糖質、リン、

窒素などの栄養分が残っており、

ヘドロとなってしまったり、

プランクトンの異常発生の原因になったりするのです。

ですから、お米のとぎ汁についても極力流さない努力が必要なのです。

そこでお米のとぎ汁活用方法を紹介したいと思います。


◇掃除に活用

お米のとぎ汁にのこった油分が、油汚れを落とす効果があります。

窓や床を拭けばピカピカになりますよ。


◇植物の水やりに活用

お米のとぎ汁には栄養分が豊富に残っているので、

水やりにつかうと良いです。

ですが、あまり1ヶ所にかけ過ぎると、

デンプン質が固まって水はけが悪くなってしまったり、

虫がわいて根が腐ってしまったというのも聞いたことがあります。

植木にかける場合は、お米粒を取り除き、

広範囲にかけるようにしましょう。

畑や花壇で植物を育てている場合は良いですが、

植木鉢などには絶対にかけないでください。

上のようなことになってしまいます。


◇食器洗いに活用

結局、流すことになってしまうのでおすすめしにくいのですが、

洗剤がいらないということで紹介します。

お米のとぎ汁の油分が、油汚れを落とすのを助けてくれます。

お米をといだ後、

流してしまわずに洗いオケに残しておくとよいでしょう。


◇コンポストに活用

コンポストをお使いならば、お米のとぎ汁も入れてしまいましょう。

栄養いっぱいの土ができあがります。





ここではお米のとぎ汁について述べていますが、

たまごや醤油、ソースも成分は違えど、

そのまま流すと少なからず水質を汚染します。

ソース類は必要以上に出さない、かけない。

たまごはパンなどできれいにぬぐって食べておきましょう。






HOMEへ


































Copyright (C) for (the) EARTH 〜地球のためにできること〜 All Rights Reserved