スポンサードリンク






広告チラシを見て、その日のお買い得品を買う。

これくらいは当たり前ですか?

家計にやさしいお買い物。

これからは環境にやさしいもプラスしてみましょう。

まず、買いすぎないことが大事ですし、

せっかく買ったものを無駄にしないようにすることが必要です。

できるだけ無駄にしないためには、

家に何があるのかをしっかり把握して、

重複した買い物は絶対に避けたいですね。

無駄なく買い物、これもエコにつながります。


それから食材を買うときちょっと待った。

それはどこで作られたものですか?

食品はお店に届くまでにたくさんのエネルギーを使います。

遠くから送られるものは輸送のエネルギーがいる。

季節はずれの食材には温室なんかのエネルギーがいるのです。

だから、近くで作られた季節の食材が一番省エネな食材なのです。

海外の食材のほうが安いしなぁ・・・。

けどやっぱり、国産で季節の食材が一番おいしい。

おいしいもの食べて、しかもエコだったら・・・

いつもよりちょっと贅沢な気分でしょう?


食品を買うときは、賞味期限の新しいものを買うのが基本?

今日食べるんだったら、

賞味期限が明日でも大丈夫じゃないないですか?

賞味期限が切れたって、べつに食べれないわけじゃありませんし。

だけど、お店では消費期限が切れたら捨てられてしまいます。

もったいないと思いませんか?

今日食べるんなら、賞味期限が明日でも大丈夫。

そうしたら、ちょっとゴミが減るかもしれません。

必要以上に賞味期限が先のものを買うと、

食材を溜め込むことにもつながりますしね。


食材を無駄にしないために冷蔵庫も大事です。

冷蔵庫には詰め込み過ぎないようにしましょう。

知らぬ間に腐らせてしまったり、

何があるのか分からなくなりますからね。


買いすぎ →詰め込みすぎ→ 何があるのか分からない また買いすぎる
腐らせる

この悪循環・・・


電力節約にもなるし、冷蔵庫はすっきりさせておきましょう。

また、買いすぎないは食べすぎないにもつながります。

エコと健康は買い物からだね。






HOMEへ



































Copyright (C) for (the) EARTH 〜地球のためにできること〜 All Rights Reserved