スポンサードリンク





ダイオキシン


人類の作りだした最悪の物質であるといわれるダイオキシン。

ベトナム戦争でアメリカ軍が使用した枯葉剤は、

人間にガンが生殖不全、催奇形性など異常をひきおこしています。

この枯葉剤に含まれていたのがダイオキシンなのです。

いかに人体に有害かがわかるでしょう。

ダイオキシンは水に溶けにくい性質をしており、

すでに自然界に排出されたものを取り除くことは非常に困難です。

自然界に排出されたダイオキシンは、

土壌や水を汚染し、動植物に取り込まれ、食物連鎖を通して、

人間もダイオキシンを取り込むことになります。

ダイオキシンは脂肪に溶けやすい性質をしているため、

肉類や魚類を摂取する際に主に取り込まれると考えられています。


                         ※この図はイメージです



ダイオキシンは除草剤など農薬のかたちで

自然界に人為的に撒き散らされたものと、

もう一つの発生源として、ゴミの焼却からも発生します。

日本は廃棄物処理に対して、焼却万能主義をとっていました。

そのため日本にはゴミ焼却施設が多く、

世界の焼却施設の
70%が日本に集中しているといいます。

日本でも数年前に問題になりましたが、

プラスチックやビニールに含まれる塩化化合物が

不完全燃焼を起こした際にダイオキシンが発生します。


日本では90年代から法律による廃棄物処理の規制がはじまりました。

大気汚染防止法、廃棄物処理法、

ダイオキシン類対策特別処置法などにより、環境基準が厳しくなり、

現在では
97年比で80%ほどダイオキシンの発生は削減されています。


しかしこれからも徹底したゴミと資源の分別など、

ゴミを減らす努力と循環型社会への移行が求められます。






HOMEへ


































Copyright (C) for (the) EARTH 〜地球のためにできること〜 All Rights Reserved